シンエイク シリーズ

株式会社ベリームのイベント、特設店舗での出店情報や取り扱い商品の紹介、出店地域の情報等も、このブログを通じて発信したいと思います。
2011/12/24(土)
ども! 『かつ』 です (*^ー゚)v ブイ♪

今日も寒いですねぇ~ 【> <。】 レジ前で鼻水がしたたり落ちてます;;

さて、美容大国、韓国では蛇毒コスメが大人気らしいですね ∑(゚Д゚;)エーッ

でも、よく調べてみると、蛇の毒から作られた訳ではなく、

蛇の毒(筋肉を弛緩させる)にヒントを得て、アミノペプチドから合成しています。

そもそも、シンエイクってスイスの会社が作り出した化粧品材料成分で、

表情筋を弛緩させてシワを伸ばす効果があるそうです。

その会社は 『 ペンタファーム社 』 と言い、医薬品材料の研究開発で

その筋では有名な会社なんです。

その成分を韓国の化粧品会社が目を付け、一気に火が点いたんでしょうね♪

当店でも、ジェル、クリーム、両タイプの美容液を扱っていますよ ヾ(≧∇≦*)/

■ アスクレピオス (ジェルタイプ)
アスクレピオス
■ 原産国 日本 ■ 内容量 50g 
■ 指定表示成分
水、BG、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、グリセリン、
ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド(合成蛇毒成分)
アセチルヘキサペプチド-8、レスベラトロール、アセチルヒアルロン酸Na、
ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス、1,2-ヘキサンジオール、
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、PCA亜鉛、
パルミトイルトリペプチド-5ジアミノブチロイルヒドロキシトレオニン、水添レシチン、
パルミトイルトリペプチド-5ジアミノヒドロキシ酪酸、ラウリン酸ポリグリセリルー10、
アーモンドエキス、グリチルリチン酸2k、PEG-20ソルビタンココエート、
ナイアシンアミド、オランダカラシエキス、クロレラ/シロバナルーピンタンパク発酵物、
パルミトイルトリペプチド-5、ペンチレングリコール、メチルパラベン

■ 5Ci SYN’-AKE CREAM (クリーム)
5Ci SYN’-AKE CREAM
■ 原産国 韓国 ■ 内容量 50g
■ 指定表示成分
水、PG、ミリスチン酸イソプロピル、シア脂、ダマスクバラ花水、ステアリン酸、
水添ポリデセン、セテアリルアルコール、セテアレス-20、アスペルギルス培養物
ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド(合成蛇毒成分)、
アスペルギルス/コメ発酵エキス、トックリイチゴ果実エキス、オオバコ種子エキス、
ネナシカズラ種子エキス、チャ葉エキスエゾウコギ根エキス、
チョウセンゴミシ果実エキス、クコ果実エキス、コノテガシワエキス、
オカゼリ果実エキス、エビスグサ種子エキス、チョウセンゴヨウ種子エキス、
テルミナリアフェルジナンジアナ果実エキス、ミルシアリアデュビア種子エキス、
マカデミア種子エキス、ケンポナシエキス、イチョウ種子エキス、ニンジン根エキス、
コーヒー種子エキス、ククイノキ種子エキス、バオバブ種子エキス、
アイ葉/茎エキス、ドクダミエキス、ヒトオリゴペプチド-1、2、13、
酢酸トコフェロール、アスタキサンチン、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸、
アラントイン、アデノシン、コラーゲン、リン酸Na、レシチン、水添レシチン、
レチノール、パルミチン酸レチノール、マカデミアナッツ油、ポリアクリル酸Na,
ステアリン酸-PEG100、ステアリン酸グリセリル、ジメチコン、グリセリン、
メチルパラベン、プロピルパラベン、BG、EDTA-2Na、エタノール、
ココイルグルタミン酸TEA、ジステアリン酸スクロース、
ポリソルベート-20、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

どちらもハリとツヤ効果があるそうです

(o^∇^o)ノ


そして最後にシンエイクの洗顔石鹸です! ヾ(≧∇≦*)/
シンエイク石鹸
■ 原産国 韓国 ■ 内容量 100g
■ 指定表示成分 
パルミチン酸、オレイン酸、水、ラウリン酸、リノール酸、ミリスチン酸、ステアリン酸、
ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド(合成蛇毒成分)、
アカマツエキス、香料、マドンナリリー根エキス、バラエキス、キク花エキス、
ヨモギ葉エキス、ラベンダー花水、リンゴ果実エキス、コチニールサボテン花エキス、
ヨーグルトエキス、ハチミツ、乳酸桿菌、/豆乳発酵液、ブロメライン、パラオ白泥、
トックリイチゴ果実エキス、ムラサキ根エキス、ドクダミエキス、
アスペルギルス/コメ発酵エキス、バナナ果実エキス

こんなに次々と良い物が出てきたら、後は綺麗になるだけですね♪

化粧品に入ってる成分の生成技術も1年で、凄く進歩します。

今まで、嫌われてきた成分も、今ではほぼ安全な成分になっています。

気になる方は、再度、ネットで調べてみて下さいね♪

スポンサーサイト
この記事へのコメント:
URL:
コメント:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © ベリームブログ All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド