FC2ブログ

リン酸アスコルビルMg

株式会社ベリームのイベント、特設店舗での出店情報や取り扱い商品の紹介、出店地域の情報等も、このブログを通じて発信したいと思います。
2011/01/01(土)
リン酸アスコルビルMg(リン酸アスコルビルマグネシウム)とは、

ビタミンC誘導体のひとつであり、メラニンの生成をおさえ続け、

日やけによるしみ・そばかす、肌あれを防ぐ。

リン酸アスコルビルMgには、皮膚に浸透しやすいマグネシウムという

ミネラル部分があるため、皮膚細胞の奥により入りやすい。

一般にビタミンCそのものは、自分が酸化することによって

相手の酸化を防止するため、周りに酸素があると作用が半減する。

しかし、リン酸アスコルビルMgのように、リン酸とMgが

余分にあると安定した構造になり、皮膚の角質層に長くとどまることができる。

次々に生成されるメラニンに対し、長時間にわたって作用する。

エイジングケア成分のひとつである。
スポンサーサイト



この記事へのコメント:
URL:
コメント:
パスワード:   
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © ベリームブログ All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド