FC2ブログ

ベリームブログ2012年01月25日

株式会社ベリームのイベント、特設店舗での出店情報や取り扱い商品の紹介、出店地域の情報等も、このブログを通じて発信したいと思います。
2012/01/25(水)
ども! 『かつ』 です (*^ー゚)v ブイ♪

今日も仕事終わりに行きましたよぉ♪

今日行ってきたのは野方にある、

 いそべラーメン 

いそべラーメン

写真に写ってるチャリは多分、他のお客さんのかな(笑)

僕も社長もオーソドックスな『いそべラーメン』を頼みました♪

いそべラーメン

ただ、『にんにく入れますか?』と聞かれ、『ハイ』と・・・

食す! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にんにくが少しキツいっす ( ̄ー ̄;

正直、入れないで食べた方が良いかも・・・orz

にんにく好きさんには合うと思います。

 二郎ラーメン 』 が頭をよぎりました! ( ̄ヘ ̄;)ウーン

がしかし! 見て下さい!このチャーシュー!!

チャーシューが太い!

写真では分かりづらいですが、かなりのボリューム!!

ぶぶぶぶぶ厚い!! 凄い! しかも2枚も標準装備!

マジで凄い!正直、そう思いました! ヾ(≧∇≦*)/

地図

大きな地図で見る
スポンサーサイト



2012/01/25(水)
ども! 『かつ』 です (*^ー゚)v ブイ♪

皆さん! 唐突ですがリンス、コンディショナー、トリートメントの違い、

知ってますか!? ∑(゚Д゚;)エーッ

僕は知りませんでした!! Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

以下、他サイト様の引用

身近な話題ですが、以外と知られているようでしられていないのが、
リンスとトリートメントとコンディショナーの違いです。
最近は、リンスより「コンディショナー」っていう名前をよく聞きますが、
どんなものかなあ?って疑問に思っている人は多いと思います。
まず、リンスとトリートメントの基本的な違いについてまとめてみましょう。

リンス図

リンス・・・・
髪の表面を油分でカバーし、シャンプーの後の髪のきしみを防いで、
手ざわりをよくすることができる。
また、髪の水分の蒸発をおさえることができる。しかし、毛髪の内部には作用しない。

トリートメント・・・・
リンスと同じ効果があるが、毛髪の内部にまで、タンパク質成分が浸透できるので、
ダメージ部分に栄養を補給する事ができる。

コンディショナー・・・・
髪の表面をカバーするという点では、リンスに近いけど、
リンスよりも髪の表面のコンディションを整える力が強いものと考えて下さい。

昔はリンスというと、洗浄力の強いシャンプーしかなかったので、
洗い上がりがゴワゴワしている髪を、しっとりさせるためにリンスが必要でした。
しかし現在では、シャンプーもマイルド成分を含んでいるものが多くなって、
リンスが本来持っていた働きは、だんだん必要ではなくなってきたようです。
そしてそのかわりに、リンスのように髪の表面を保護しつつも、
それにプラスして、洗い上がりの髪に、しなやかさやコシを加える力などをも
合わせて持っているコンディショナーがリンスのかわりに使われるようになりました。
ただ、そうはいってもコンディショナーはリンスと同様、
髪の中にまで作用する力を持っていないので、
ダメージが気になる人はトリートメントを使うことをお勧めします。

リンスとトリートメントを効果的に使うコツ
リンスとトリートメントの両方に言えることは、
毛穴に油分を残してはいけないということです。 
シャンプーは、頭皮の油分や汚れをとるために、
髪と毛穴の両方を洗うようにするものですが、
同じようにして、リンスやトリートメントも、
髪と毛穴の両方につけてしまったらどうなるでしょう?
毛穴からは、毎日必要なだけ油分が出ているのですが、
これに加えてリンスやトリートメントの油分が付着したら、
頭皮と油分のバランスは崩れてしまうのです。
リンスとトリートメントは、根元にはなるべくつけず
中間~毛先を中心につけるようにしましょう。
また、リンスはトリートメントと違って、
時間をおいても髪の内部まで浸透しないので、
髪になじませたら、そのまま洗い流してかまいません。
それとは反対に、トリートメントは時間をおくことで、
髪の内部に浸透することができます。

『自宅で簡単にできる効果的なトリートメント方法』
まず、お風呂に入ってシャンプーの後、トリートメント剤をなじませたら、
蒸タオルで頭をくるんでから湯舟に入ります。
そうすれば、湯舟からのぼってくる蒸気で、キューティクルを開くことができるし、
トリートメントを長く毛髪につけていれば、それだけ髪の内部にまで、
成分を浸透させることができます。
ここで、問題が1つ・・・・・・
はたしてこの方法で毎回トリートメントをできる人はいるのでしょうか?
・・・・たぶんほとんどの方はできないと思います(笑)
トリートメントというものは、毎回やらなくては意味がないと思います。
と言う事で私は、リンスと同じ感覚でトリートメントをしてもかまわないと思います(爆)
要するに「継続は力なり」なのです。
難しく考えずに、自分の楽な方法で毎回して下さい。

『リンスインシャンプーでの注意』
リンスインシャンプーは手軽、と言う事で使っている方もいると思いますが、
よく考えてみるとシャンプーは頭皮を洗浄するものリンスは毛髪を保護するもので、
この2つの働きは相反するものです。
リンス成分が入ったシャンプーで頭皮を洗うって事は、
頭皮にとっては余計な油分を残す可能性があるので、
リンスインシャンプーを使った後は、
頭皮を中心にしてよく成分を流すように心がけてください。

『おまけ』
「私は髪を大切にしているから、リンスとトリートメントの両方している!」
という話をたまに聞きますが、たいがいの人はその順番を間違えています。
(間違えてない人、ごめんなさい)
リンスやコンディショナーは髪の表面をカバーするもの、
そしてトリートメントは髪の内部に作用するものということは、
みなさんすでに理解していただけたと思います。
ということは、リンスやコンディショナーの後にトリートメントをしても、
すでに髪の表面はカバーされているわけですから、
トリートメントの成分は浸透しづらくなってしまいますよね。
これらの使い方の順番としては、シャンプーで髪の表面をきれいにする。
・トリートメントを最初に使って、毛髪内部にタンパク質成分を浸透させる。
・リンスやコンディショナーで髪の表面を保護する。

このような順番で、効果的なケアをしてください。

2012/01/25(水)
ども! 『かつ』 です (*^ー゚)v ブイ♪

今日から野方の特設店舗で営業しております♪


大きな地図で見る

近くにお越しの際には是非、足を運んで下さいね♪

 | Copyright © ベリームブログ All rights reserved. | 

/ Template by パソコン 初心者ガイド