成分用語辞典

株式会社ベリームのイベント、特設店舗での出店情報や取り扱い商品の紹介、出店地域の情報等も、このブログを通じて発信したいと思います。
2011/01/01(土)
エタノールはアルコールの一つ。「エチルアルコール」 や、

酒類の主成分であるため「酒精」とも呼ばれる。

アルコール類の中で、最も身近に使われる物質の1つである。

揮発性が強く、殺菌・消毒でも用いられる。

スポンサーサイト
2011/01/01(土)
アルコールの一種で、ヤシ油やパーム油から抽出される成分です。

グリセリンは透明のとろりとした液体で、肌を軟らかくし、

しっとりとした潤いを与える効果があり、BG同様、保湿剤として、

また皮膚に対する柔軟剤として使用されています。

油脂の加水分解によって、脂肪酸とともに得られる無色透明で

甘みと粘り気のある液体。

三価アルコールで化学式は C3H8O3

医薬品・爆薬・化粧料・潤滑剤など広く用いられる。

グリセロールとも呼ばれる。

粘性が高く甘みを有するため、食品や薬の添加物にも使われる。

2011/01/01(土)
アスタキサンチンは、抗酸化作用がビタミンEの1,000倍

アスタキサンチンは、今最も注目されている健康成分の一つになります。

アスタキサンチンはβカロチンと同じカロチノイドと呼ばれる成分の仲間です。

βカロチンといえば、ニンジンやほうれん草などの緑黄色野菜に

多く含まれている成分として知られていますね。

研究によってβカロチンよりも強力な抗酸化力を持っていることが判明しています。

この抗酸化力という言葉が、大きな特徴であり、カギとなります。

例えば紫外線を浴びると、体内で多くの活性酸素が発生してしまいます。

このことがお肌や体内の老化を進行させる原因になっています。

アスタキサンチンを用いれば、その優れた抗酸化作用によって、

体内で発生した活性酸素を抑えることができるのです。

体内の活性酸素が抑えられることはイコール、

お肌や体内の老化防止になるということです。

アスタキサンチンが多く含まれている食品には、鮭やイクラ、エビやカニが代表的です。

どれも成分独特の美しく赤い色素が外見的にも特徴的となっています。

では、どうしてこれらの物に多く含まれているのでしょうか?

それは、アスタキサンチンを多く含んでいる物を食べて育っているからなのです。

つまり食物連鎖の結果として、食物連鎖の上位に位置する

鮭やイクラ、エビやカニ等に凝縮されているのです。

■ 効果、効能
しみやしわ、はたまた気になるたるみや乾燥肌にも効果。

生活習慣病、脳の老化防止、加齢臭、目の健康維持にも、

効果的だなんて、とても画期的な成分ですね (o^∇^o)ノ

2011/01/01(土)
自重の数百倍の水を吸収しヒドロゲルを形成する特徴を有します。おむつなどの吸収剤としてや化粧品原料としても利

 用されています。

 キサンタンガムよりも滑りがよくなめらかで透明度が高いのが特徴です。

 皮膚からは吸収されることもほとんどなく安全性も認められている原料です。

2011/01/01(土)
分子内に2個水酸基をもつ多価アルコール。

無色透明の液体でわずかな臭いがある。アルカンジオールのノ種で、

抗菌性に優れている。同濃度のメチルパラベンと比較して

皮膚刺激性が低いという。保湿剤として酎合されているが、

一般的な防腐剤と組み合わせると防腐剤の濃度低減ができる。

 | Copyright © ベリームブログ All rights reserved. |  Next

/ Template by パソコン 初心者ガイド